シマリス 病気

シマリスの病気について

シマリスがずっと元気でいてくれることが一番幸せですが、
思わぬ事故や体調不良は、いつ襲ってくるかわかりません。

 

これから飼う予定の人やシマリスを飼ったばかりの人は、どんな種類の病気があるのか
万が一のときはどう対処したらいいのか、知っていただけましたらとおもいます。

 

シマリスの病気について記事一覧

シマリスの病気〜不正咬合

不正咬合とは、シマリスの上下の派が噛み合わなくなってしまった状態のことです。人間と違って、シマリスの歯はずっと伸び続けるものなのですが、何らかの原因で噛み合わせががおかしくなってしまうために起こります。シマリスは何でもまずはかじって確かめることが多いので、ゲージの網や硬いものなどをかじっているうちに...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜肺炎

肺炎は、赤ちゃんのリスに多い病気です。私も過去に2匹の子リスを肺炎で亡くした経験があります。体力の無い赤ちゃんリスは、肺炎にかかればあっという間に命を落としてしまいます。小動物は体が小さい分、風邪の菌が体中にまわりやすいと、動物病院で言われたことがあります。残念ながら、自分の家へ子リスを迎え入れて1...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜下痢

下痢も、比較的シマリスには多い病気です。悪くなっていたものを食べてしまったり、初めての食べ物を食べたとき、細菌に感染したときなど、理由はいろいろあります。もしもいつもと違うウンチをしたときは、注意深く様子を見守って下さい。今飼っているシマリスは、茹でたブロッコリーをあげたとき下痢をしたことがあります...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜消化管閉塞消化管閉塞

消化管閉塞とは、その文字の通りシマリスの消化器官が詰まってしまう病気です。ウンチがいつもより小さかったり出なくなったり、餌も食べられなくなったりすることで気づきます。どうしてこのようなことが起こるかと言うと、原因のひとつは、小さい糸くずやかけらのようなゴミを飲み込んでしまうことです。ただ、私の経験上...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜腫瘍

シマリスの腫瘍は、人間と同じくガンのことですね。そしてやはり同じく良性のもの・悪性のものがあります。良性はどこかに転移することはありませんが、悪性は悪くなるのも早く転移もします。腫瘍ができてしまう原因は、残念ながらはっきりしていません。できないように気をつけるより、なるべく早めに発見して、治療を始め...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜熱中症

シマリスも人間同様、暑い季節は熱中症になりやすいので、十分な注意が必要です。シマリスは元々熱さには弱い動物なので、室内の温度管理が重要なポイントになります。基本は28度以上にならないように、エアコンで管理するのが一番楽です。シマリスのゲージの傍に温度計を置いておくと、もっと安心ですね^^ゲージを置く...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜尾抜け

尾抜けとは、シマリスのしっぽが何らかの理由で抜けてしまうことです。多くはうっかりしっぽをつかんでしまったり、何かに挟んでしまうことで起こります。シマリスは、野生化では肉食獣や蛇などにいつも狙われているので、トカゲのしっぽのように、尾が抜けやすくなっているのかもしれません。でも残念なことに、とかげのよ...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜内分泌性皮膚炎

内分泌性皮膚炎は、シマリスの毛が抜けてしまう病気です。これは体のホルモンのバランスが崩れることによって起こるとされています。シマリスは野生の状態では、当然四季を感じながら暮らしています。そして気温の変化などで体の中も変化するようになっている動物です。飼育下で、一年中同じ温度の中にいたり、夜になっても...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜自咬症

自咬症とは、シマリスが自分で自分の体をかじり傷つけてしまうことです。恐ろしい病気ですね。また、癖になりやすいとも言われています。私はまだ経験がありませんが、あの小さい体を考えると、かじったところから出血して、出血多量になる可能性があると思うので、かなり危険な病気と言えます。データでは、一晩で自分の足...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜けが

シマリスの病気の中でもけがは身近なものといえると思います。何かにびっくりしたときなど、本当に予測不可能な動きをする動物ですので^^;今飼っているうちのシマリスも、何度か怪我をしたことがあります。一度目は、私の不注意で遊びに来たお友達が連れてきた犬の顔を一瞬見せてしまいました。たぶんびっくりして、別の...

≫続きを読む

 

シマリスの病気〜代謝性骨疾患

代謝性骨疾患とは、カルシウムのの不足が原因で起こるものですが、人間で言うところの、くる病、骨粗しょう症、骨軟化症などのことです。餌の栄養バランスが悪い状態が続くことが原因です。シマリスは野生化では雑食の動物なので、飼育下でも栄養バランスを保つことは必須です。栄養バランスが行き渡っている子は、毛並みが...

≫続きを読む

 

かかりつけ医を見つけよう

シマリスの具合が悪くなり、近所の動物病院へ連れて行ったら、シマリスは診察してもらえなかった・・・実はこれ結構よくある話です。たとえ動物病院と書かれていても、犬や猫以外は診てくれないこともあります。シマリスを自分のうちへ迎えることが決ったら、ぜひ小動物も診察してくれる動物病院を見つけておきましょう。シ...

≫続きを読む